シングルマザー、弁理士を目指す

1児のシングルマザーで、今年から弁理士試験の勉強を始めました。

通信で弁理士試験の勉強をしています

私は、LECという専門学校で弁理士試験の講義を受けています。


私が試験を受けようと思った動機は以下2つ。
スキルアップしたい
私の仕事が知的財産系で、仕事上、弁理士の方と話す事もあり、自分も知財に関する正しい知識を身につけたいと思ったからです。

国家資格だから
今の仕事は好きだけど、一生今の勤め先にいられるとは限らない。
転職という可能性を考えたとき、少しでも有利になるような資格が欲しかったからです。
一生ものの資格が欲しいと思っていたのも理由です。


そして、講座スタイルは「通信」を選びました。
教室に通う「通学」と、録画・録音された講義で勉強する「通信」があります。
私は育児をしながらなので、通信を選びました。


また、以下2点が、私が感じている通信のメリットです。
●録音された講義は雑音が少なく聞きやすい
●通信なら、自分のタイミングで勉強ができる


ただ、通信のデメリットは、簡単にサボることができてしまうこと
資格試験を応援してくれる私の母からは「通信での勉強は自分の意志を強く持たないと、途中で挫折してしまうから気をつけなさい」とアドバイスをもらっています。
母も仕事柄、常に新しい情報を身につける必要があり、勉強会にしょっちゅう参加しています。
時には通信で勉強会の講演を聴いているようなので、通信で勉強する大変さがよく分かるようです。
貴重な意見ですし、気を引き締めて取り組んでいきたいです。


少し脱線しますが、弁理士試験講座の先生は複数人います。
私は事前にお試しで聞ける講座を利用して聞き比べをし、宮口先生の講義を選びました。
選んだ基準の大部分は、声のトーンだと思います。
声って、結構大事な要素です。一年間聞き続けられる声じゃ無いと続けられないですからね。


ちなみに、私は以前、別の先生の講義を受けていました。
(途中で妊娠が分かったため、講義を受けることを断念した経緯があります。)
そのときの先生は説明がとても丁寧でわかりやすかったのですが、何故か最後まで馴染めませんでした。
多分今になって思うのが「声」だったのかもしれません。


もし、時間に余裕があればお試しで講義も視聴できますし、「この先生なら頑張れそう」と思える先生を見つけてみるのも良いと思いかもしれません。