シングルマザー、弁理士を目指す

1児のシングルマザーで、今年から弁理士試験の勉強を始めました。

【勉強の進捗】音声をひたすら聞くのも勉強に効果があることを実感

まずは、今日時点での進捗(特許・実案のみ)です。

●入門講義(特実) 
講義編 第10回まで受講済み/全第11回 演習編 0回/全第3回
●論文基礎(特実)    
講義編 0回/全第6回 答練編 0回/全第4回


なるべく毎日机に向かう努力はしていますが、予定通りにはいかないですね。
普段、講義を視聴するときは2倍速にしているのですが、たまにもっと早くできないかなぁ、と思ってしまうこともあります。
(再生速度は上限が2倍までです)


最近の手応えとして、日常生活の中でふとした時に講義で見聞きしたことを思い出そうとする頻度が増えました。
ほとんどが思い出せずにモヤッとしてるのですが、脳みそに定着し始めた証拠だと感じ、さらに勉強へのモチベーションになっています。


そして今になって思うのが、通勤で何となく聞いてきた音声も意味があったように感じます。
正直今までは、通勤で何となくダラダラ聞いてる感があり、『私がやってることって意味があるのかなぁ?』と不安に思っていたのですが…(^^;)
耳(音声)で得た知識や単語等が、講義での目からのインプットが増えたことで、情報がより具体的・鮮明になったんだと思います。
良い変化を実感できたので、よかったです。


実際、講義(動画)を受けていくと『通勤中に聞いた内容はこの事か!』と、音と映像がパチーンと繋がる瞬間があり、ワクワクしています。
それがやみつきになってきてる自分もいます(笑)


そして、講義(動画)を受けた後にさらに音声を聞くと、『あ、この間、説明してたところだ。他にもこんなこと話してたんだ。』とか『講義で説明されても分からなかったところだ。よっしゃ、もう一度聞ける!』とか、反応しています。


こういう変化を感じることができると、寝不足でも頑張れます。