シングルマザー、弁理士を目指す

1児のシングルマザーで、今年から弁理士試験の勉強を始めました。

一人親で国家資格勉強中の人なら要確認な『高等職業訓練促進給付金』というものを知りました

久しぶりの更新です。
先日、体調を崩し、仕事を休んだ日にふと「一人親の手当のこと何にも調べてなかった」と気がつき、体調悪いけど役所に行ってきました。
仕事していると、なかなか役所とかって行きにくくて・・・。
でも、そのおかげで申請に必要な書類や申請の時期の把握もできましたし、行って良かったと思っています。


そして、本題ですが、その役所での話の中で「高等職業訓練促進給付金」というものを紹介されました。
一人親が転職や就職のために必要な資格を1年以上かけて取得する場合の生活の負担を一部補助しますよという制度です。


この給付金が受けられる資格というのが、
●①看護師または准看護師、②介護福祉士、③保育士、④理学療法士、⑤作業療法士、⑥保健師、⑦助産師、⑧理容師、⑨美容師、⑩栄養士、⑪調理師、⑫製菓衛生師、⑬その他の国家資格で、特に対象者の経済的自立に必要と認められるもの
●資格取得のため1年以上学校に通うことが法律上必要とされる場合に限る

となっています。



「法律上必要」???
赤字にもしてますが、「どういうこと?」と疑問になりました。
役所の方の説明によると、受験資格が専門の学校(養成施設、専門学校、専門の学部・学科)に通うことが条件になっているもの、だそうです。
なので、弁理士はその点で独学でも受験ができるので、「法律上必要」という部分を満たしていない」と説明を受けました。


誰でも受けられるような資格は対象外、ということなのか・・・?
「必須」ではなく「必要」なんだ・・・?
と、若干モヤッとしつつ、情報が足りないのでその日は帰りました。





で、実際にこの給付金の資料であげられている資格が上記の条件を満たしているのか確認してみました。
以下、その一部をピックアップしています。


●看護師の場合 (一部抜粋)
(1)文部科学大臣の指定した学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(短期大学を除く。以下「指定大学」という。)において看護師になるのに必要な学科を修めて卒業した者(令和2年3月11日(水曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)
(2)文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校(以下「指定学校」という。)において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者(令和2年3月11日(水曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)
(3)文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、都道府県知事の指定した看護師養成所(以下「指定養成所」という。)を卒業した者(令和2年3月11日(水曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)
・・・等があります。

はっきりとしかるべき教育機関を卒業するように書かれています。
(上記以外にも看護師の受験資格の条件が細かく規定されており、気になる方は以下をご参照ください<(_ _)>↓)

看護師国家試験の施行|厚生労働省


●調理師、製菓衛生師の場合
調理師や、製菓衛生師の場合は、実務2年以上もしくは専門の学校で通うことが受験資格の条件になっています。
「実務経験があれば受験可能」となっていますが、一応、受験資格のひとつに専門学校があるので「法律上必要」という条件を満たしていることになるんでしょう・・・。

調理師の資格を取得するには 東京都福祉保健局

製菓衛生師

●保育士の場合
ちょっと意外だったのが「保育士」の受験資格。
最終学歴によって条件が変わるようですが、「保育士とは関係ない学科でも受験資格はあります」って書いてありました。
しかも、保育士受験のために、少数派ですが、独学で勉強している人がいるってことも調べていたらわかりましたし。

受験資格|一般社団法人全国保育士養成協議会


専門問わず、独学も可能となると、保育士も弁理士と条件似てるなぁ、と思ったり…。
資格の知名度とかは差があるけど(苦笑)


とにかく、給付金の対象となっている資格をざーっと調べた感じだと、
・基本は法律上決められた専門の学校に通うことが必須
・一部の資格をフォローするために『法律上必要』としている
…と思いました。


一瞬、弁理士も認めてもらえるんじゃ?と思いましたが、所詮お役所だし…、認めてもらうことは期待は薄いんだろうなぁ。


一応、問い合わせはしてみるつもりです。



↓その後、問い合わせをした後の話です

sinmam-benrishi.hateblo.jp